Welcome to
"Institute of Natural Science and Education in Soka school system" !


「平和」「共生」の世界市民をめざして


Bar

New2 「環境と共生」を学ぶサマーセミナー (2011/9/10)
   (野鳥・自然環境研究所報告Vol.11、No.1)
New3 生命あるものに感謝 〜3年生・5年生の実践より〜 (2011/2/10)
   (自然環境教育研究所報告Vol.10、No.2)
New3 東京・関西の各校で、サマーセミナーの実施 他 (2010/9/30)
   (自然環境教育研究所報告Vol.10、No.1)



1.調査研究日誌 2.調査研究活動 3.自然教育活動 4.自然保護活動 5.資料
アマゾン自然環境研究センター 写真アルバム EarthKAM


ごあいさつ

 21世紀の主役たる、「平和」と「共生」のよりよい世界市民育成のためには、未来を託す児童・生徒の人間性の陶冶を抜きには語ることができません。
 創価学園の創立者池田大作先生は、「豊かな自然のリズムを維持し増進することこそ、永劫なる人類繁栄への最大のカギといっても過言ではありません。」(1978年11月「環境問題は全人類的課題」より)と提言されました。
 その具体化として、1987年8月創価学園創立20周年を期して、「創価学園 野鳥自然環境研究所準備委員会」を発足させました。 その後、国内6カ所のフィールド(
別海霧ヶ峰箱根庵治霧島八重山)を指定し、児童・生徒を対象に国内サマーセミナーを実施してまいりました。
 そして、1999年4月、創価学園の目指す自然環境教育(動植物等の調査研究活動、希少鳥類等の自然保護活動、児童・生徒の自然教育活動など)を一層推進するために、「創価学園 野鳥・自然環境研究所」を設立いたしました。さらに、2008年4月、日常的に各校で行っている自然環境教育をさらに推進していくために、「創価学園 自然環境教育研究所」と名称の変更をしました。


沿 革

1987年 「創価学園 野鳥・自然環境研究所」準備委員会設置
同研究所の調査・研究フィールドとして、北海道・別海フィールド、九州・霧島フィールドを指定
1988年 別海フィールド第1回野鳥調査実施
第1回国内サマーセミナー実施(別海・霧島フィールド)
沖縄・石垣島、西表島を新たに八重山フィールドとして指定
1989年〜1995年 第2回〜第8回国内サマーセミナー実施
1991年 別海・霧島フィールドの植物・鳥類調査報告(大学・学園)
1992年 研究所の調査・研究フィールドとして、長野・霧ヶ峰フィールド、神奈川・箱根フィールド、香川・庵治フィールドを指定
1999年 「創価学園 野鳥・自然環境研究所」発足
「大自然を“教室”に」(国内サマーセミナー8年間の記録)が完成
2000年 同研究所のホームページ開設
2008年 名称を「創価学園 自然環境教育研究所」に変更


フィールド & キャンパス

map

フィールド一覧

フィールド所在地 フィールド所在地
別 海 北海道野付郡別海町
       尾岱沼1-42
  創価学会北海道研修道場
    Tel. 01538-6-2111
箱 根 神奈川県足柄下郡箱根町
       仙石原1245
  創価学会神奈川研修道場
    Tel. 0460-4-8470
霧 島 鹿児島県姶良郡牧園町
       大字三体堂字鉾投1824-9
  創価学会21世紀自然研修道場
    Tel. 0995-78-2552
霧ヶ峰 長野県諏訪市四賀
       字霧ヶ峰7718-39
  創価学会長野青年研修道場
    Tel. 0266-53-4488
八重山 沖縄県石垣市字新川895-2
  創価学会八重山文化会館
    Tel. 09808-3-5251
庵 治 香川県木田郡庵治町157-1
  創価学会四国研修道場
    Tel. 087-871-4111

フィールド紹介パンフレット フィールド紹介スライド(PDFファイル)


TOP




E-mail このページへのご意見・ご感想・お問い合わせは こちら

Bar