創価学園

文字サイズ
    • 小
    • 中
    • 大

創立者池田大作先生

創立者 池田大作先生

教育とは最極の人生の聖業なり 学園生はわが生命なり

池田大作先生の教育思想は、平和主義であり、文化主義であり、根本は人間主義です。その思想に裏付けられた教育を「創価教育」といい、その教育の使命は、人間の生命や人権の尊厳を守りぬくことであるとの信念に立っています。「人間教育」の根本は、一人ひとりの子どもたちに深く内在している本質を現実にあらわせるように手助けすることです。また、よりよく生きていこうとする意志をたくましく育て、他者の痛みに同苦する心を育てる教育に専念しています。

1968年(昭和43年)4月に発表した「創価学園の開校にあたって」の中で、池田大作先生は「創価学園は、あくまでも日本の未来を担い、世界の文化に貢献する、有為の人材を輩出することを理想とするものであります」と創立の理念を示しています。

「創価教育学体系」を著した牧口常三郎先生、「推理式指導算術」を著した戸田城聖先生の遺志を受け継いだ池田大作先生は、「学園生はわが生命なり」「教育とは最極の人生の聖業なり」と教育を最大に重視し、創価教育を具体化してきました。そして、現在、社会貢献する多くの世界市民を輩出しています。

創立者 池田大作先生 プロフィール

昭和3年1月2日東京生まれ。富士短期大学卒業。創価学会名誉会長、創価学会インタナショナル(SGI)会長。本学園のほか、創価大学、(財)民主音楽協会、(財)東京富士美術館、(財)東洋哲学研究所、戸田記念国際平和研究所などを創立。平和、文化、教育の推進に尽力。世界各国の指導者、知識人と対話を続けている。

国連平和賞はじめ、ブラジル南十字国家勲章、オーストリア共和国学術・芸術最高勲位栄誉賞、ケニア口承文学賞、桂冠詩人の称号などや海外の諸大学、学術機関から多数の名誉学術称号を受ける。

主な著書に「人間革命」(全12巻)、対談集に「二十一世紀への対話」(A.トインビー)、「闇は暁を求めて」(ルネ・ユイグ)、「二十一世紀への警鐘」 (A.ペッチェイ)、「生命の世紀への探求」(L.ポーリング)、「世界市民の対話」(N.カズンズ)、「二十世紀の精神の教訓」(M.ゴルバチョフ)など多数。

  • 創価学園の開校にあたって