園のご案内

 

園のご案内

園長挨拶

「 栄 光 の 未 来 を 創 価 幼 稚 園 か ら 」

   開園43年目、新入園児91名の太陽の子を迎え2か月が過ぎました。様々が咲き薫る6月が到来。園庭の藤棚は紫の花房が豊かになり、モットーの碑の花壇にはライラックの花が初夏の陽射しに輝いています。池田自然広場のあおぞら農園には、種イモを植え枝豆の種を蒔きました。創価幼稚園には、かわいい未来の天使たちの笑顔がいっぱいです。

   今、卒園生は7,200名に迫る陣容となりました。卒園生が毎年のように東西の創価学園や創価大学、アメリカ創価大学に数多く進学しているのも頼もしい限りです。また、嬉しいことに、2月に行われた冬季「平昌オリンピック」には、卒園生が創価学園初の冬季五輪代表として、負けじ魂輝く堂々のパフォーマンスをしてくれました。

 3月16日に行われた卒園式メッセージで、創立者は「夢いっぱいの未来へ、世界へ、大きく羽ばたけ!」と呼びかけてくださり、「みなさんと私は、心が結ばれています。ずっとずっと一緒です」と語ってくださいました。そして、「三つのやくそく」を提案してくださいました。

  •                    楽しく学ぼう! 二、元気に声を出そう! 三、負けない勇気で進もう!  の三つです。

 

 4月9日の入園式には、「みなさんも、この創価幼稚園で、心の『根っこ』を大きく、つよくしていきましょう」と、そして、「おはよう!」「まけないぞ!」「ありがとう!」の三つの言葉を大切に、と語りかけてくださいました。

 私たちは、笑顔が笑顔を育むと確信します。教職員が笑顔の関わりを貫くなかで、園児の心の中に自信に溢れた成長意欲が膨らむと思います。また、「ずっと笑顔に」をモットーに、卒園した後も、園児一人ひとりを励まして参ります。

 今年度は、札幌生まれ、札幌育ち、優しく聡明な坂本充康副園長を迎えました。また、新採用教員として、今春に創価大学を卒業したばかりのフレッシュなお二人の先生も加わりました。教職員21名、仲の良い団結で「栄光の未来を札幌創価幼稚園から!」との気概で前進して参ります。

 地域の支援組織である「宝珠会」の皆様に支えて頂き、「愛園会」の皆様と手を携えて、世界の宝である園児を育んで参ります。モットー「つよく ただしく のびのびと」を胸に、園児「太陽の子」とともに希望の前進をして参りましょう。保護者の皆様には、大変にお世話になりますが、何卒よろしくお願い致します。

                             2018年6月6日   園長  角内 万三

 

沿革

月日 できごと 
1974 09.30 「創価幼稚園」設立が決定。翌日準備委員会が発足。
1975 06.21 起工式
1975 08.05 モットー「つよく ただしく のびのびと」が決定
1975 11.30 落成式
1975 12.18 北海道から設置が認可される
1976 04.01 開園
1976 04.16 第1回入園式 ※この日を記念して「八重桜の日」と呼びます
1976 05.17 愛唱歌「つよくただしくのびのびと」制作 (のちの園歌)
1992 09.01 初の海外姉妹園として香港創価幼稚園が開園
1993 01.17 シンガポール創価幼稚園開園
1995 04.16 マレーシア創価幼稚園開園
2001 08.01 ブラジル創価幼稚園(のちのブラジル創価学園)開園
2005 11.16 第30回未来っ子まつりにおいて、新愛唱歌「だいすき そうかようちえん」を発表
2008 03.15 韓国幸福幼稚園開園

           

海外各園紹介

香港創価幼稚園
ほんこんそうかようちえん

堅強
正直
活溌

シンガポール創価幼稚園
しんがぽーるそうかようちえん

Strong
Righteous
Free

マレーシア創価幼稚園
まれーしあそうかようちえん

Tabah
Ikhlas
Cergas

ブラジル創価学園
ぶらじるそうかがくえん

Ser forte
Ser correto
Crescer a'vontad

韓国幸福幼稚園
かんこくこうふくようちえん

바르게
강하게
쑥쑥