札幌創価幼稚園ニュース

札幌創価幼稚園 2017.2.10

「節分 雪の運動会」


 2月3日(金)、なかよしグラウンドで、「節分 雪の運動会」を行いました。
太陽の子達がなかよしグラウンドに集まると、太鼓の音とともに、雪山の上から、心やさしい赤鬼が、青鬼を探しに幼稚園にやってきました。無事に見つかった青鬼と赤鬼は、太陽の子達と友達になり、雪の中運動会を頑張る太陽の子達を応援してくれました。
 はじめに、赤鬼、青鬼と一緒に全員で太陽の子体操をした後、年中組が「そりリレー」、年少組が、鬼の「パンツ作り競走」、年長組は、雪山を登り滑り降りてから始める「玉入れ」を行いました。そして最後に全員で、「鬼のパンツ」を楽しく踊りました。鬼達は、年少組さんが作った鬼のパンツを喜んでくれ、鬼ヶ島の豆を太陽の子達にプレゼントしてくれました。
 運動会が終わり、保育室に戻った太陽の子達は、園長先生のお話にあった、「節分の豆は、1つ食べるとつよくなり、2つ食べるとただしい心に、3つ食べるとのびのびと、4つ食べると勉強ができる子になりますよ」との言葉を口々に言いながら、鬼たちが持ってきてくれたお豆を歳の数だけ美味しく食べ、節分の一日を過しました。
  • 雪山から赤鬼登場
    • 雪山から赤鬼登場
  • 友達になった鬼と一緒に「太陽の子体操」
    • 友達になった鬼と一緒に「太陽の子体操」
  • 年中「そりリレー」
    • 年中「そりリレー」
  • 年少組が、可愛い鬼のパンツを作りました
    • 年少組が、可愛い鬼のパンツを作りました
  • 年長「玉入れ」
    • 年長「玉入れ」
  • 「鬼のパンツ」を踊りました
    • 「鬼のパンツ」を踊りました