札幌創価幼稚園ニュース

札幌創価幼稚園 2019.2.5

節分 雪の運動会


 2月1日(金)、なかよしグラウンドで、「節分 雪の運動会」を行いました。
太陽の子達がなかよしグラウンドに集まると、太鼓の音とともに、絵本「おにはうち!」にでてくる、「におくん」のお父さん(青鬼)とお母さん(赤鬼)が幼稚園にやってきました。青鬼と赤鬼は、「太陽の子と友達になって、雪の運動会を応援したい」と言います。「いいよ!」と言う、元気な太陽の子たちと一緒に、「鬼のパンツ」を踊って、「節分 雪の運動会」が始まりました。
年中組が「そりリレー」、年少組が、鬼たちが持ってきてくれた大きなバットに玉を当てる、「おにおにバッティング」、年長組は「雪上玉入れ」を行いました。寒さに負けず、一生懸命競技に取り組む太陽の子たちに、赤鬼、青鬼は鬼ヶ島の豆をプレゼントしてくれました。
 最後に、園長先生からは、「節分の豆は、1つめを食べると「つよく」、2つ食べると「ただしく」、3つめ食べると「のびのびと」、4つ食べると「やさしく」、5つ食べると、「頭が良く」なります。6つめ食べるとどうなるか考えながら食べて下さいね」とお話がありました。

 運動会が終わり、保育室に戻った太陽の子たちは、鬼たちが持ってきてくれたお豆を、歳の数だけ美味しく食べ、元気に冬の1日を過ごしました。
  • なかよしグラウンドに鬼達登場
    • なかよしグラウンドに鬼達登場
  • 一緒に「鬼のパンツ」を踊りました
    • 一緒に「鬼のパンツ」を踊りました
  • そりリレー
    • そりリレー
  • 優しい鬼さんと友達に
    • 優しい鬼さんと友達に
  • 雪上玉入れ
    • 雪上玉入れ